女の子が観葉植物の植え替えに挑戦
観葉植物の植え替え

「植え替え」と言っても、
室内の植物と、屋外の植物では結構違います。

お部屋の観葉植物の植え替えについて。「必要なもの」など基本的なことから、「大きくしたくない時はどうすれば?」といった番外編まで。園芸歴20年、e-花屋さん店長が解説します!

店長古永

この記事を書いた人
古永 崇(ふるえ) | e-花屋さん店長(園芸店に勤めて20年となります)


会社概要 facebook Instagram

観葉植物の植え替えに必要なものは?

観葉植物の植え替えに必要なもの
植え替えに必要なものと、使用イメージ

植え替えは最低限、があればできます!
ただ、鉢の底には排水穴が開いていて、何もしないと土がポロポロこぼれてしまいます。なので排水穴を塞ぐ、鉢底ネットもあるとよいと思います!

必ず必要なもの あると便利な道具
スコップ(土入れ)
割り箸
鉢底ネット 剪定はさみ
鉢底石(鉢が小さいなら不要) 作業スペースの汚れを防ぐ
新聞紙や器など

鉢のサイズは、どれくらいがいいの?

植え替える鉢のサイズ選ぶ際のポイント

まず、植え替える植物の「鉢の直径高さ」をメモしてください。鉢探しの際に、必要な数字となります。基本的には、それより一回り大きい鉢を選び、植え替えします。

「一回り大きい」って?

一回り大きいとは、鉢の直径が3cmくらい大きい鉢のこと。植え替えしようとしてる植物の鉢直径が12cmなら、15cm前後の鉢を選ぶ・・みたいな感じ。
ただ、一回り大きいというのは「目安」です。前後しても構いません。
たとえば、
今の鉢と、植え替えしたい鉢。「直径がほとんど同じ」だったとしても、背が高い鉢なら容積は増えます(=新しい土が入るスペースは確保できます)

また、モンステラやパキラのように「大きく育つ植物」であれば、あらかじめ二回り(6㎝)くらい大きな鉢に植え替えといてもいいと思います。

けっきょくのところ、鉢選びのおすすめな方法は「デザインが好きな鉢」を見つけ、サイズを比較。今の鉢より「よっぽど大きい」もしくは「小さい」鉢でなければ、私はそれで良いと思います!

<おしゃれ鉢、お探しの方はコチラ>

「観葉植物におすすめ」の土

観葉植物の土の種類
観葉植物の中でも人気が高い、虫がわきにくい土

観葉植物を植え替える場合は「観葉植物用の土」がおすすめ。
よくある培養土くらべて何が違うかというと、

・排水性が高い
・清潔(有機分が少ない)

という点です。そして、観葉植物の土のなかでも配合の違いにより
「より、排水性が高い」「より、虫がわきにくい」みたいなことがあります。

植え替えの準備

乾燥状態での植え替えは、お勧めしません。とはいえ、「水を与えたばかり」だと作業もしづらい。水を与えて、数日経ったくらいが作業しやすいと思います!

時期はいつ?なぜ、植え替える?

観葉植物の植え替えシーン
観葉植物の植え替えシーン

園芸書には、「春か秋に植え替えてください」と記載されてます。ただ、実際にはもっと柔軟でよいと思います。
そもそも、なぜ植え替えするのか?そんな視点からも解説していきます!

ビジュアル目的の鉢替えは、いつでもOK

観葉植物を買った際、「すぐにお洒落な鉢に入れ替えたい!」と思うシーンがあります。こんな時は、いつ植え替えても大丈夫!
ただ注意点として、土を崩したりしないで、そっと植え替えてください。

根を傷めない植え替えのやり方
ビジュアル目的の、鉢の変え方

古い土を、新しい土に入れ替えたい

古い土を落とし、新しい土に入れ替えたい。または、「根詰まり」を解消したい。そんな時は、土(根っこ)をほぐして植え替えます。
こういった植え替え作業は5月中旬~6月が適期。秋の作業はおすすめしません。多くの観葉植物は寒いのが苦手。活動が緩慢になるので、この時期は焦って植え替える必要はありません。失敗して枯れるリスクもあります。春まで待って!
※5月中旬~7月上旬くらいなら、根を多少切っても大丈夫です。

根っこをほぐす植え替え方
根詰まりしてた時の植え替え方
古い土を落として、植え替えする方法

植え替えのタイミング

「鉢の底から根が出てきた」そんなシーンと出くわすこと、ありますよね。
ただそれは、根詰まりの症状(植え替えサイン)とは限りません。植え替えしなくてもよいケースが多いです。

・昔と比べて、なんとなく元気がなくなった
・水やりしても、すぐに乾く(水が十分に吸えてなさそうだ)

こんな感じがしたら、植え替えを検討するタイミング。植え替えを機に、植物が復調する可能性があります。

観葉植物を植え替える目的とは?

植え替え後の水やり

植え替え後にジョーロで水を与える
植え替え後の水やりについて

「水を与える時には、タップリと」と言いますが、植え替え直後はとくにタップリ与えてください。ジョーロ3杯くらいは与えてほしいです。植え替え作業で発生した、土の微塵を洗い流します。

この時の注意点は、「水圧の優しいジョーロ」で水を与えること。
水圧が強いと、土のなかに水路(みずみち)ができてしまいます。そうなると水はこの路ばかり通るようになり、全体の湿り具合にムラができる可能性がありますので。

※植え替え後しばらくは、強光・強風があたらない安静な場所に置いて下さい。

番外編:鉢を大きくしない植え替え

鉢を大きくしない植え替え

「鉢を大きくする」のが、植え替えの基本。ただ、

「できれば、鉢は大きくしたくない」
「できれば、今の鉢にそのまま植え直したい」

みたいなシーンって、ありますよね。
「鉢のサイズを永久的に変えない」というのは難しいですが、土や、植え替えのやり方によっては、鉢を大きくするタイミングを数年遅らすことはできると思います。

「鉢を大きくしない植え替え」
に挑戦してみました

いかがでしたでしょうか?
植え替えに「基本」はありますが、もっと自由であって良いと思います。ただ、

・低温環境(13℃以下)になるなら、根を触る植え替えはしない
・土は排水性が高いものを使う

この2点は守った方がよいと思います。
「プラスチックの鉢は通気がよくない」みたいに、細かいことを言い出すとキリがありません。「良い環境で育てる」「良い土を使う」この2点を守れば、及第点は十分にクリア。観葉植物ライフが楽しくなると思います!


ではまた!
e-花屋さん 古永(ふるえ)でした!

店長古永

この記事を書いた人
古永 崇 | e-花屋さん店長
園芸店に勤めて20年。e-花屋さんの立上げて15年となります。
消費者視点を忘れずに、疑問に思うことなどを掘り下げ研究中です!「初心者を中級者に引き上げる」のがe-花屋さんのミッションです!


会社概要 facebook Instagram

「古い土をそのまま再利用したい」
そんな方は、湖の恵を!
e-花屋さん本店 TOPへ