TOP > 商品一覧 > 育てる道具

TOP > 商品一覧 > 育てる道具 > 植え替え用の土

TOP > 商品一覧 > 育てる道具 > 植え替え用の土 > 観葉植物の土

TOP > 商品一覧 > 育てる道具 > 植え替え用の土 > 多肉植物・サボテンの土

植物が美しくなる用土

この土で育てると「根の量」が格段に増えます

土で植物は変わります
プレミアム用土

えっ?今なんて言った?
「この土で植えれば、5年間植替え不要です」

えっ、聞き間違い?
最初はビックリして、思わず聞き返しました。すると彼はにこやかに答えました。

「はい。5年間植替え不要。そこを目指して作っています」と。

彼の名は、杉山拓巳。日本でトップクラスの技術を持つ、観葉植物の生産農家。
NHK「趣味の園芸」の執筆や、TBSテレビ「マツコの知らない世界」等メディア出演も多く、「BANKSコレクション」の創業者でもあります。

プレミアム用土

杉山さん。彼を一言でいうのであれば、「植物オタク」。どれだけ有名になろうと植物との時間をいちばん大切にします。そして日々、植物の栽培方法を研究しています。

実際、彼が作る植物は凄い。エアープランツなのに根っこの量がすごかったり、葉がガチッッーと肉厚だったり。

僕みどでは、単に杉山さんの植物を販売するだけでなく、杉山さんが発見した新しい栽培方法や、園芸が上手くなる為の技なども随時発信していきます。プレミアム用土(ベストソイルミックス)はその一つです。

プレミアム用土

注)「5年間植替え不要」というのは、一つの例え。植替えのタイミングは、植物の種類や育て方によって異なります。これに関してはページ後半でも詳しく説明していきます。

土の実力を検証

3ヶ月でこんなに差が出る。
やや暗めの場所でも、実力を発揮する。

それでは、杉山さんが作ったこのプレミアム用土の実力を検証していきます。
(左がプレミアム用土。右が某有名メーカーの観葉植物の土を使用しています。)

今回の実験では、1つ条件を設けました。杉山さんのような名人が、プレミアム用土を使えば綺麗になるのは当たり前。では一般の方がプレミアム用土を使用した場合、よくある「観葉植物の土」で植えた場合と、生育にどこまで差がでるのか?

試験場所は、「アパート」。そして「普段は勤めにでて、日中は留守」という設定に。日中の光はブラインドの隙間からこぼれる太陽光線のみ。1日を通してややうす暗い、「あまり良くない条件」で試してみることにしました。

写真をご覧下さい。6月に植えて、9月に撮影(右が3カ月後)。
わずか3ヶ月で、生育に差が出始めているのがわかります。

土の実力を検証

右側のごく一般的な「観葉植物の土」で植えたポトス、3カ月で徒長がはじまりました。
ただ、これが従来の常識。だって暑くて、うす暗い。「徒長」して当然です。
対し「プレミアム用土」の方は、節間が詰まりガチッとした草姿を維持しているのがわかります。

「土でここまで変わるものか・・・。」正直、ビックリしました。

もちろん、プレミアム用土で植えれば徒長しないという訳ではありません。植物や、お世話の仕方によって植物の生長具合は変わります。
ただ、「一般の観葉植物の土に植えた時と比べると、徒長しにくい。美しく生長する。」ということは言えると思います。

(1鉢当たり)数百円の違い。お気に入りの植物であったり、「植物は好きだけど、あまり数を増やすつもりはない」という方には、このプレミアム用土を推薦します。

ふるいにかける

ザッザッ。植物の為に手間を惜しまない。

プレミアム用土は、最高級の硬質赤玉土がメイン。しかしながら、どんなに高級な土でも、写真の様に土の袋の中には「土の微塵」が含まれています。

盆栽を植え替える際、盆栽職人は必ずふるいを振って、土の微塵をとってから植えます。
なぜなら微塵は、土の中の通気や排水を悪くするから。

実は、この「ひと手間」が非常に大事。
最高級の素材を使い、ザッザッと何度もふるいをかけてから袋に詰めたのが、プレミアム用土なんです。

杉山拓巳
杉山拓巳
ふるいにかける
ふるいにかける
ふるいにかける

プレミアム用土、一言でいえば「硬い土」。配合している赤玉土なども、硬くてくずれにくいものを選んで使用しています。では土が固いとどうなのか?

まず第一に、「土が長持ち」します。
植物はいずれ「植替え」が必要なんですが、その一つの要因は「土の劣化」。プレミアム用土は、劣化しにくい硬い土だからこそ、一般の用土に比べ、植替え期間が開いても大丈夫という訳です。

そしてもう一つ。
「硬い土」の大きな長所として、

「鉢の中、いっぱいに根を生やす事が可能」

というメリットがあります。

有機質を多く含んだ現在主流の「やわらかい土」。植物はストレスなく、根をスススッと伸ばします。そして伸びた根は、鉢の底で行き止まりとなり、そこで分岐。鉢の底でグルグルと、とぐろを巻くようにはびこっていきます。

根が生える

対し「硬い土」に植えた場合、根は鉢の底まで行かずとも、途中何度も硬い土にぶつかり、分岐を試みます。要は「やわらかい土」の場合、根が鉢底に集中するのに対し、「硬い土」は写真のようにいたるところで根が分岐。鉢全体に根が行き渡るのです。

「土の劣化がしにくい」、「根を張るスペースが広い」というのが「5年間植替え不要」の根拠。「5年」はさておき、植替えまでの期間は一般のやわらかい土に比べ、長くなっても問題ないのはご理解頂けると思います。

プレミアム用土
プレミアム用土

※お得な、「3Lサイズ」はコチラ!

アイテムイメージ

アイテムイメージアイテムイメージアイテムイメージアイテムイメージアイテムイメージ

商品詳細(ご確認下さい)

商品詳細(ご確認下さい)商品詳細(ご確認下さい)商品詳細(ご確認下さい)商品詳細(ご確認下さい)
アイテムイメージ
拡大 Prev Next

植物が美しくなる最高級培養土プレミアム用土(ベストソイルミックス):1リットル

商品番号 bc-1

価格680円(消費税込:734円)

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
お届け内容
「プレミアム用土」 1リットル×1
(別名:ベストソイルミックス)
使用用途
観葉植物、多肉植物、塊根植物に適した土です。
植替え量の目安
容量は3リットル。※3リットルとは、例えば下記の鉢の場合だと
3.5号鉢(直径10.5cm×高さ9cm)
6〜7鉢植えることが可能です。

※4号鉢の植え替えでは0.6L。5号鉢の植え替えでは1.2Lの土が計算上では必要となります。(ただここに古い植物の根鉢が絡んできますので、実際にはもう少し少ない量で済むと思います。ご参考までに)
関連品・バリエーション
■■2サイズあります。コチラから
■■お持ちですか?鉢底ネット、鉢底石

■■植木鉢コーナーはコチラから
注意事項
植物の成長は「土」で大きく変わると言われています。

ただ数週間で効果がでてくる訳ではありません。植物が時間をかけて育っていく上で、ジワリジワリと効果がでてきます。

「いい土を使う」というのは園芸の基本ですが、土で全て完結する訳ではありません。日々の管理や、成長期に肥料を与えてこそ、成果が大きくでてきます。
配送料
こちらは「通常送料」商品です。
送料はコチラ
備考
【同梱おすすめ】