注目ワードで検索

人気ランキング

今月のイチオシ

「主婦の味方」の観葉植物を作りたい・・・。そんなコンセプトのもと生まれた、お世話が簡単なグリーンstyle。キッチンに是非!

エアープランツのクランプ仕立て

きっと好きになる、大人のエアープランツ
チランジア・フエゴ「丸いクランプ仕立て」

エアープランツ・フエゴ
エアープランツの醍醐味、クランプ

見て、見て!エアープランツに興味がある人は。
エアープランツの醍醐味、「クランプ」です。

「クランプって何?」 はい、まずそこから書きますね。

まず、エアープランツは花が咲きます。
(品種によって違いますが)多くのエアープランツは、開花期になると株を赤く染め、綺麗な花を咲かせます。

そして花が咲いた後、しばらくすると株元から「子株」がピョコンと生まれます。

エアープランツ、子株が生まれる

わかりやすく例えると、お母さんが、赤ちゃんを産む訳です。

そして人間と同じ。その赤ちゃんは、お母さんから栄養をもらいながら大きく育ち、いずれお母さんくらいの大きさになります(成人になります)。
そしてまた、いずれ赤ちゃん(子株)を生みます。

お婆ちゃん、成人した子供、赤ちゃん・・・みたいにどんどんその家族は増え、エアープランツが密集(群生)した姿を「クランプ」と呼びます。

クランプの説明
クランプの大きさ比較

大きいものが、好きですか?
それとも、小さくても美しいのが好きですか?

上の写真をご覧ください。右の大きなクランプは、近所のインテリアSHOPで購入してきたもの。 今回お届けする商品と比べて欲しいのは、「大きさ」の差です。

最近はエアープランツが大人気。インテリア性も高いので、「大きいもの」がどんどん輸入されるようになりました。
ただ・・・、全てのお店・商品がそうだとは言いませんが、「大きなクランプ」。あまり状態がいいのを見たことがありません。

先程クランプを「家族」に例えましたが、外国に住む大家族が急に日本に連れてこられても、上手く順応できないのと同じです。

日本生まれのエアープランツで、日本でクランプを。
そして名人は「逆」を攻める。なるべく小さく。

根っこが生えたクランプ

エアープランツは「大きいほど高い」印象があります。だから海外から大家族(大きなクランプ)を連れてくる訳です。

そんななか、名人は「あえて小さく作る」ことを考えました。
そして「外国から家族を連れてくる」のでなく、「日本で家族をつくる」ことを目指しました。日本で一から群生させるのです。

名人はいつも「エアープランツを一般のご家庭で、育ててもらいたい」と口にします。

そもそもクランプのいいところは「丈夫」なところ。単体のエアープランツより、クランプの方が強いんです!
その丈夫さを「インテリ」で活かすのではなく、「育てやすさ」で活かしたいと。

単に大きさを求めるより、一般家庭でも育てやすいように、できるだけコンパクトに。さらに姿が変わりにくい(なるべく今の姿を維持する)植物を作りたいと思い、工夫を重ねた結果、この商品が生まれました。

丈夫さの証として、名人のクランプには「根っこ」が生えてきています。

ここが違う
子株がたくさん

日本生まれ、日本育ち。だから「子だくさん」
丸くて美しく、姿が崩れにくいクランプ

これは、本当にすごい!なかなか、こうはならない!!

興奮気味に書きましたが、コンパクトにクランプを作るのは本当に難しいんです。
エアープランツは開花後に子株が吹き、それが増えていって群生(クランプ)になります。
そこで重要なのが「子株の出る数」。普通は1つか2つ。よっぽど上手い人でも、3つ~4つと言ったところでしょうか。

しかしながら名人がやると、その倍。1回に5つ~7つの子株が生まれます。
「日本生まれ、日本育ち」のエアープランツだからこそ、株に体力があり、たくさんの子供を生めるんです。

感動した!すごい!ドラマを感じた!

ここが違う

「日本生まで丈夫だから、子だくさん。」話はそれだけで終わりません。
名人は「小さくて、美しくて、今の姿をながく維持する株」を目指しています。

まず名人は「美しい→丸い草姿」という風に具体化しました。

ただ、それは簡単なことではありません。
子供達は、それぞれ好き勝手に伸びます。背が高い子や、小さい子がでてきます。均一には育たないので、普通はなかなか丸くなりません。

そこで名人は「光の方を向いて育つ」という、植物本来の性質を利用しました。生長の度合いを見ながら、クランプをまめに回転。 そうやって、なるべく伸び方の均一化を図りました。

また、「今の姿をなるべく維持する」と言う点。
ここは「子供をたくさん産ませる」で解決しました。子供は親から栄養をもらって育つ訳ですが、子供が多い大家族だと、親からもらえる栄養の量はどうしても減りますよね。 だからその分、生長もゆっくりになる(今の姿が長く維持される)という訳です。

どうですか!つながりますね!
ドラマを感じます!!

因みに「親からもらえる栄養の量、少なくて大丈夫なの?」
と心配されるかもしれません。ですが、ご安心を!

日本生まれ、日本育ちのお母さんから生まれた子供は、丈夫なんです。
人間で言えば「細マッチョ」。名人は見た目だけ大きい「肥満」体質の植物を作るのを嫌い、小さくても頑丈な「細マッチョ」な植物を作ることを目指しています。
だから親からもらえる栄養分が少なくても、しっかりとした大人に育つんです。

エアープランツ開花写真

「咲いたよ!」

お客さまから、喜びの投稿も多数頂いてます。
このクランプは、エアープランツの「イオナンタ・フエゴ」という品種。フエゴは光がよく当たる場所で育てると、開花時には「鮮明な赤」に身体が染まるのが特徴。

憧れのクランプ。育ててみませんか?

「小さく、丸く、姿が崩れにくいクランプを作りたい!」努力して作ったのがこちらの商品。 大人のティランジア・フエゴ。クランプ仕立て

商品番号 otamesi-08b-202-21
価格 ¥ 2,400 消費税込 ¥ 2,592
お届け内容
チランジア・フエゴ(クランプ仕立て)×1 育て方ガイド
サイズ目安
(1) 全体高さ:6~8cm前後
全体の幅:8~10cm前後
※大量生産品でなく、生産において大きさをコントロールしずらいものにつき、サイズはあくまで「目安」となります。
関連品・バリエーション
■■名人のエアープランツ、一覧はコチラから

■■エアープランツにお勧め!繊細ミスト霧吹きはコチラから
詳細
【育て方について】
陰・日光・乾燥に強く、インテリアとしても重宝される植物。でも、しっかり育てれば花が咲いたり、面白い表情を魅せてくれます。

育て方ガイドを同封します。是非、楽しんでみてください!(初心者でも育てやすい植物です。)
注意事項
【必ずご確認ください】
写真は見本です。
どうしても葉先などが多少折れていたりすることがございます。(エアープランツにはどうしてもあることです。)

またフエゴという品種は、開花期の前後に株が赤くなります。
お届けする時期によっては株が全く赤くない場合もございますが、これは「時期的」なことです。

「親株」は子株に栄養を送るので、葉の色が悪くなるのが普通の姿です。よって、株の中に傷んだ株が混じりますが、これは正常な姿です。
配送料
こちらは「通常送料」商品です。
送料はコチラ
備考
【同梱おすすめ】