注目ワードで検索

人気ランキング

今月のイチオシ

「主婦の味方」の観葉植物を作りたい・・・。そんなコンセプトのもと生まれた、お世話が簡単なグリーンstyle。キッチンに是非!

サボテン 水耕
サボテン

あっ!凄く可愛い。土を使わず、水だけで。
でも大丈夫?? はい、意外と平気なんですよ!

小さな瓶に、サボテンがチョコン。「えっ?水だけで大丈夫なの?」とビックリされる人もいらっしゃいます。はい、大丈夫です!結構これで平気なんですよ。

本物の「みどり」だから癒される。

サボテン

サボテンの丈夫さを生かした、新スタイル。
不思議なものですね。人間の目はとっても素直。精巧なサボテンの造花もたくさんでてますが、全く「癒し」を感じない。(私だけ?)

でも本物のみどり、生きてる植物のみどりは、やっぱり感性に響きます。だから本物のサボテンで、こういった「新しい飾り方」に挑戦するのが、植物好きとしてはたまらない♪

サボテン

「サボテンでも枯らしちゃう」。そんな人にも

「私はサボテンでも枯らしちゃう人なんです!」
たまに、そんな事を話す人に遭遇します。サボテンは非常に、非常に丈夫な植物。ではどうして枯らしてしまうのでしょうか・・・?

サボテン

丈夫がゆえに・・・。
人によって枯らす原因は違うと思います。ただ私が想像するには、「サボテンが丈夫が故に、完全にホッタラカシ」にしてしまうのではないのかなと。

サボテンは水も殆どいらない。世話いらず。
だからいつの間にか、サボテン君の存在を忘れてしまいホッタラカシに。サボテンの顔を見に行くのも忘れ、久々に存在に気付いた時、「あっ!!!」みたいな(苦笑い)

「忘れないでね」作戦

サボテン

サボテンの顔を見ない日が続くと、いつの間にかその存在を忘れてしまう。
なので「目につきやすい所」に、しかも「可愛いスタイルで」飾っていれば、よほどでない限り存在を忘れてしまわないのではと考えました。

逆にこのインテリアスタイルの方が、長持ちするのでは?と。

インテリアと決めてしまえば、気持ちが楽になる。

サボテン

サボテンは、日光が大好き。だから「植物好き」の人は、ついつい植物目線で置き場所を探しちゃう。でも今回は、「インテリアGREEN」と割り切ってみては?

サボテンには、「陰に強い」という長所があります。なので今回は、長所を活かしましょう。窓際にこだわらず「置きたい場所」に。多少暗くても、いいじゃない♪

水耕サボテン

リビングや、自分の部屋。洗面所や、トイレの窓辺。
「置きたい場所」「生活導線」に置くことで視界に入る回数は増え、植物はかえって長持ちするかもしれませんよ!

サボテン

一応、誤解が生まれないように書いておきますね。
「植物をしっかり育てる」なら、屋外とか窓辺が理想です。光と風が十分にある場所で。
でも「しっかり育てる」を叶えたいなら、「水」より「土」、「瓶」より「植木鉢」の方がいいという話になってきます。

部屋の中には、「ガッツリ育てる植物」もあれば、「インテリア担当」の植物もあっていいと思います。楽しい役割分担。

今回のサボテンは「インテリア担当」。十分に長持ちしますし、癒しもわけてくれますよ!

サボテン

お世話は簡単!週に一度、休日だけでOK
たまにサボっても許してくれる、優しい子

お世話はいたって簡単。週に一度、水を入れ替えるだけ。箸かトングでサボテンを持ち上げ、瓶の水を交換して下さい。ここだけの話、忙しい週はサボってもOKですよー!

「忙しいんやろ。だったらエエよ。俺、適当にやっとくから、気にせんといて!」

水の交換を忘れた時でも、サボテン君は背中をポンとたたいて励ましてくれます。(そんな気がします。)

時には、気分転換!
鉢植えより気軽♪

もし、可愛い瓶が見つかったら・・・。容器を変えてみて下さい。雰囲気が変わります!

これが「水耕」でなく「鉢植え」だと、植え替えをともなうので、ちょっと面倒。
その点、このスタイルなら、瓶を変えるだけでOK。簡単です♪

小瓶に入れたサボテン

小瓶に入れたサボテン

昔はもっと、高かった!

←以前は、一回り大きいサイズを販売。価格は倍でした。
でも今回はもっと小さめ、お手頃サイズ。是非、この機会に!

水耕サボテン
水耕サボテン
水耕サボテン
小瓶に入れたサボテン

洗面台や、トイレの窓辺にもキュート 牛乳瓶の様な。小さな瓶でサボテンを水耕栽培

商品番号 green-p11-1-a-2001
価格 ¥ 1,450 消費税込 ¥ 1,566
申し訳ございません。ただいま在庫がございません。
お届け内容
サボテン(瓶付き)×1 育て方ガイド
サイズ目安
サボテンと小瓶のセットです。
(1) 全体高さ:15cm前後
(2) 小瓶の直径:5cm
小瓶の高さ:10cm
※サボテンの品種は「お任せ」となります。
関連品・バリエーション
■■取扱いのサボテン一覧はコチラから

■■観葉植物・多肉植物の一覧はコチラから
詳細
【育て方について】
室内の明るい場所で。陰にも耐えますが、あまりに暗い場所は避けます。また7~9月は瓶の中の水が高温になるのを防ぐため、直射日光を避けます。

冬もこのスタイルのままで(耐寒性の目安は3℃以上)。
注意事項
【必ずご確認ください】
※品種は「お任せ」となります。見本写真に掲載がないタイプの物もございます。

※株により、大きさ、色味などが異なります。またサボテンにはどうしても傷等がございます。

特に本来は土の中に埋まっている部分(根に近い、株元部分)は茶色くなっていますが、こういったものとなります。生育には問題ありません。
配送料
こちらは「通常送料」商品です。
送料はコチラ
備考
【同梱おすすめ】