どれを選んでいいか解らない

大きさも、価格も、素材もバラバラ。
どれがいいのか解らないし、選べない。

ネットの普及で、自宅に居ながら色々な植木鉢を選べるようになりました。

ただ、気を付けて!ネット上には、
様々な植木鉢が、不規則に入り混じり表示されます。
ここから選ぶのは、僕たち花屋でも難しい。

屋外?室内?どこに置くつもり?

大型の植木鉢。置き場所はどこ?

まず最初に、決めて欲しいのは(教えてほしいのは)どこに置くつもりなのか。屋内なのか、屋外なのか。

「植木鉢」と検索した際、沢山の鉢が並びます。並びすぎる。だから条件を絞るのが重要です。「置き場所」と「サイズ」は重要ポイント。

ただし植木鉢やプランターには、「屋外専用」みたいな明確なくくりはありません。ですが、大きさや受皿の有無、素材などにより「屋外に適してる」みたいなものは存在します。

屋外利用なら「素材選び」は最重要!

植木鉢の素材選び

屋外で使うつもりなら、素材は最も重要なポイント。

屋外は、紫外線・風雨をまともに受けます。冬には、凍結で破損の可能性も。価格とデザインだけで決めてしまうと、えらいことに。

(但し、どんな鉢でも少なからず劣化はします。購入にあたり、不安の方はご相談下さい)

室内利用なら「サイズ感」が最重要!

商業施設向けの大型植木鉢

雨・風が当たらない室内では、「素材」より「サイズ感」が大切。小さければ「物足りなく」感じ、大きければ「邪魔」になる。

なので室内でも、商業施設の様な広い場所に飾るのか、はたまた家庭のリビングや玄関なのか。まずはそこが重要なポイントとなります。

リビング向けの大型植木鉢

e-花屋さん。以前は「大型の植木鉢」というカテゴリしかありませんでした。
しかしながら「屋外」と「屋内」では勧める鉢は全然違うし、屋内でも「一般家庭」と「商業施設」では違う。

そんな理由から、3つのカテゴリを新設したのです。

・「リビングに丁度いい」少し大きめの植木鉢>

・広めのスペース。「商業施設向け」大型植木鉢>

・「屋外向け」大型の植木鉢>>

「鉢カバーとして使えるか?」
大型の植木鉢なら、ここも大切なポイント。

植木鉢の選び方のポイント

「植え替え」なのか、植え替えずに「鉢カバー」として使うのか。

これ、すごく重要。だって大型の植物を植え替えてしまうと、相当な重量になります。万が一枯れた場合は、植木鉢も道づれに。
だから僕は断然「鉢カバー」としての利用を勧めます。植物を、ポンと鉢に入れるだけ。

鉢カバーとして使えるか?

ただ殆どの店は、「鉢カバーとして使えます」みたいな事は書いてません。
何故なら、普通のお店は判断できないのです。鉢の形状、壁厚。ちょっとの事で植物が入らないことも。

だからお店側とすると、商品選定が困難で「鉢カバー利用」とは断言しづらいんです。

そんな問題を解決すべく、e-花屋さんではマッチングを行いました。植木鉢を並べ、1つ1つ植物が鉢ごと入るか、試していったのです。

根詰まりしてる植物であれば、「植え替え」も仕方ありません。しかしそれ以外は、「鉢カバー」としての利用が絶対お勧め。カバー利用なら、その植木鉢は何十年も使えるから。

鉢カバーとして使えるか?

オマケ

植木鉢のサイズ

しつこいですが(笑)「サイズ感」って、本当に重要なんです。
多少大きくても、部屋には置けます。ただ数センチ鉢が大きいだけで、邪魔に感じたりするんです。だから当社は商品選定にはすごく気を遣ってます。

でも当たり前の話、スペースは家庭ごとに違う。
だから本当は、記載サイズを参考にマジックで一度書いてみてほしい。ここまですれば、何となく大きさのイメージは解るはず♪

以上、植木鉢の選び方でした。(e-花屋さん:古永)

植木鉢 大型

おしゃれな鉢を48種セレクト。大型植木鉢>

植木鉢

250種以上!植木鉢コーナー>

店長古永

この記事を書いた人
古永 崇 | e-花屋さん店長
園芸店に勤めて20年。e-花屋さんの立上げて15年となります。
消費者視点を忘れずに、疑問に思うことなどを掘り下げ研究中です!「初心者を中級者に引き上げる」のがe-花屋さんのミッションです!


会社概要

Q&A
A 植木鉢や観葉植物は、

  • ホームセンター
  • 園芸専門店
  • インターネット通販サイト
  • 100円均一ショップ
で購入することができます。
大型の鉢は強度がいるので100円均はおすすめできません。
お洒落な鉢を探してる場合は、品揃えが多い通販サイトがおすすめです。

屋外向け大型鉢15選 ≫
A 鉢の「号」サイズ:目安は1号=約3cm

植物の大きさを表す「~号サイズ」とは、鉢の直径が何センチあるか?ということを表してます。1号=約3cmなので、3号鉢とは直径9cmの鉢のことを指します。「大鉢」と表現されるものは10号鉢(鉢の直径が30cm)以上のケースが多いです。

植え替え時の、鉢サイズの選び ≫
A 鉢の号数だけでなく、形状によっても必要な土の量が異なります。なので全ての鉢に「必要な土の量」を記載しました。

屋外向けプランター、お勧めの土 ≫