注目ワードで検索

人気ランキング

今月のイチオシ

2020年デビュー!ポトスの新品種"グローバルグリーン"。育てやすくて、迷彩模様の葉もおしゃれ。さらにJUNK風ペイントテラコッタでもっと可愛く♪

植木鉢 大型

大型(床に置く)植木鉢の選び方

大型の植木鉢。色々な材質・価格の鉢が出回るようになりました。ただ中には、粗悪な植木鉢もたくさん存在しています。
我々は沢山のメーカーから鉢を取り寄せ、プロ目線で吟味。「デザイン」「価格」「実用性」の3点から植木鉢をセレクトしました。

さて、植木鉢の選び方。小さな鉢を選ぶ際は、「見た目」と「サイズ」で何となく決めると思います。 ですが大型の鉢を選ぶ際はまず、「どこに置く?」を決めて欲しいのです。
特に屋外に置く場合は、「強度」や「経年劣化」もからんできます。価格優先で決めてしまうと、すぐに割れてしまうこともあるんです。

屋外? 室内? 置きたい場所はどこですか?

「屋外向け」の植木鉢。人気ランキング

「庭に植木を植える代わり」に、玄関前やアプローチに「植木を置く」人が増えたきました。また 商業施設やカフェのテラスでも、素敵に飾ってありますよね!

屋外に鉢を置く場合、冬に鉢が凍結して割れる事があるので「素材選びや品質」は重要になります。また風をまともに受ける場所なら、重量感も必要。
条件によってもお勧めしたい鉢は異なってきます。もしご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせ下さいませ。(076-436-0545)

「室内向け」の植木鉢。人気ランキング

化粧鉢を使えば、観葉植物の見た目は3倍お洒落に!植物はインテリアの中でもKEYになる存在。可愛い鉢で、空間をよりよくしませんか?

室内向けの大型植木鉢。当社のこだわりポイントは「鉢カバーとして利用しやすいサイズ」を想像し、取り揃えていること。 (「鉢カバー」とは、新しい鉢に既存の鉢のまま入れて飾る使い方。(植え替えせずに、二重鉢になるような感覚です))。

大きな鉢の場合、植え替えてしまうと、相当な重量になります。これだと水やりの時や、掃除の時は大変。また万が一植物が枯れた時には、鉢ごと駄目になるケースが多い・・・。

残念ながら大型植木鉢では「カバーとして利用するのか?直接植えるのか?」を想像せずに設計された鉢が多く出回っています。「鉢カバー」として利用できる鉢は、意外に少ないんです。

「e-花屋さん」では、鉢カバーとして利用しやすいものをチョイスしています。ただサイズ欄には「内径」と「高さ」を記載しておりますので、ご購入前にはお手持ちの植物の鉢のサイズと照らし合わせてご購入下さいませ。

58件中 1-58件表示