注目ワードで検索

ランキング人気ランキング

今月のイチオシ今月のイチオシ

アンスリュウム

妖艶な葉のコウモリラン・ヴィーチーを苔玉仕立てで。
場所とらない吊るす飾り方、ぜひ試してみてくださ~い♪

詳しくみる

メールマガジン

エメラルドウェーブ苔玉

  • ベンジャミン・バロック
  • ティランジア・アエラントス
  • 旅人の木の種
  • モスポット・素焼き鉢
  • プレミアム用土
  • WOODテーブル
  • 花はさみ
  • ジョーロ
  • 霧吹き
  • フラワーピック
  • ハンギングPOTカバー
  • 花台

モンステラ

モンステラの葉

モンステラの選び方

植物に興味がない人でも「モンステラ」という言葉は、聞いたことがあるのではないでしょうか?
「モンステラ」はラテン語で「怪物」とか「異常」という意味。破れかぶれの大きな葉を見ると、なるほどーと思いますよね。

さて、一言にモンステラと言っても色々な種類があります。
ここでは難しい学術的なことはさておき、消費者目線での「選び方のコツ」を解説していきます!

モンステラ・デリシオーサ

デリシオーサ、ペルツーサ、アダンソニー、ミニマ。
モンステラは大きく分けて4つの分類がありますが、区分けは曖昧。間違った名前で売られていることも多々あります。

なので気にする必要があるとすれば、「デリシオーサなのか否か?」くらい。何故ならデリシオーサは育つと大きくなるからです。
(横に広がりながら大きくなります)

e-花屋さんは、家庭向け観葉植物の専門店。ですので育っても邪魔にならない、「姫モンステラ(ペルツーサ、アダンソニー)」を勧めています。

姫モンステラ

モンステラ図鑑(過去の取扱い品種)

  • 姫モンステラ

    姫モンステラ

    植物業界では、あまり大きくならない品種に対し「姫」と名付けることが多いです。モンステラではペルツーサやアダンソニーのことを姫モンステラと呼んだりしますが、区分は曖昧。
    何はともあれ、丈夫で育てやすく「お勧め」なのは間違いないです!

  • モンステラ・ミニマ

    モンステラ・ミニマ

    姫モンステラより更に小さい品種がミニマ。ただ正直、凄く小さい訳でもない。姫モンステラより「やや小ぶり」程度。個人的な意見で言うと、葉も傷みやすい気がする。
    なので僕なら絶対「姫モンステラ」を勧めます。

  • モンステラ・デリシオーサ

    モンステラ・デリシオーサ

    迫力がある、モンステラの定番。商業施設向け。
    デリシオーサと言っても、生産過程や生産年数によって、葉の厚みや草姿はかなり違います。なので出来れば「写真現品」で購入できるものをお勧めします。

  • モンステラ・コンパクタ

    モンステラ・コンパクタ

    デリシオーサの背丈をギュっとコンパクトにした品種。言い方を変えるなら、「成長がめちゃくちゃ遅い」デリシオーサ。
    モンステラの魅力をコンパクトな樹形で楽しめる、大変優れた品種だと思いますが希少で高価。1~2年に1回くらいしか入荷してきません。

  • モンステラ・ジェイドシャトルコック

    モンステラ・ジェイドシャトルコック

    モンステラの新しい品種。葉は割れません。
    モンステラに比べて耐寒性が強く、より丈夫になった印象。葉の光沢も美しいお勧め品種です。

  • マドカズラ

    マドカズラ

    正式にはモンステラではなく、モンステラの仲間。
    モンステラ以上に耐陰性があり、姿も面白い。ただどちらかと言うと、モンステラの方が育てやすいかな・・・という印象です。

モンステラの育て方

置き場所

室内で楽しむ観葉植物です。陰にも強く、インテリアグリーンとして大変重宝します。
気にする点は「スペース」と「冬の寒さ」。姫モンステラなら、スペースはさほど気にする必要はありません。耐寒性は8℃以上で。

水の与え方

「土の表面が乾いて、数日経ってからタップリ」が基本の水管理です。
水が少なくなると、葉が少しずつ萎れてきます。なので他の植物よりは「水のタイミング」が解りやすいと思います。
※気温の低い時期は、水を控えめにしてください。

※剪定の方法は、ブログで解説してます。宜しければご購読ください。

観葉植物

※売切れ品について
「モンステラ・コンパクタ」など希少品種は、良い個体のものと遭遇次第、仕入れてまいります。
入荷情報はメルマガにて案内させて頂きます。宜しければご購読くださいませ。

3件中 1-3件表示