注目ワードで検索

ランキング人気ランキング

メールマガジン

コウモリラン苔玉

  • ベンジャミン・バロック
  • クランベリー
  • 旅人の木の種
  • モスポット・素焼き鉢
  • プレミアム用土
  • WOODテーブル
  • 花はさみ
  • ジョーロ
  • 霧吹き
  • フラワーピック
  • ハンギングPOTカバー
  • 花台

ガジュマル

ガジュマル

ガジュマルって、どんな観葉植物?

「妖精が宿る木」「多幸の樹」と呼ばれ、観葉植物の中でもトップクラスの人気を誇るガジュマル。

ただあまり知られてませんが、ガジュマルにも色々あるんです。
まず、最近人気なのはパンダガジュマル。ただ人気が故に、現在は価格がちょっと異常値。もう少しブームが落ち着いてから、買い求めるといいかも知れません。

パンダガジュマル

「通なファン」から人気が高いのは、実生(種から育てた)ガジュマル。
よく見かけるガジュマルは人参ガジュマルと言って、イモと呼ばれる根の部分が肥大したもの。それに比べ実生のガジュマルは、いたってシンプルな草姿。それでも人気はかなり高いんです。

パンダガジュマル

他にも、「コンパクトな樹形を維持しやすい」接ぎ木のガジュマル。
"つる性ガジュマル"と呼ばれる、フィカス・シャングリラ。ガジュマルの丈夫な特性を活かした、ミニミニガジュマルなどバリエーションは豊富です。

ガジュマルの育て方

置き場所

日光が好きな植物です。ただ陰にも強く、室内観葉植物として扱いやすいと思います。
※あまり暗いと、落葉しますのでご注意を。また、冬は7℃以上推奨です。

水の与え方

「土の表面が乾いて、数日経ってからタップリ」が基本の水管理です。
ぷっくり膨れた幹に、水を保持しています。ですので乾燥に強く、頻繁に水はやらずともOK。忙しい人でも、リラックスして育てることができます。
しかしながらあまりにサボると、落葉します。鉢の大きさや置き場所によって違いますが、概ね1~2週間に1回の水やりペースになるかと思います。(冬は水を控えめに)

植え替え・剪定

鉢を一回り大きくすれば、成長が早まります。ただ人参ガジュマルタイプは、その幹(イモ)が伸びていく訳でないので、ご注意を。
背丈を大きくしたくない場合は、伸びた芽をこまめに剪定します。気温が高い時期であれば、剪定してもそこから新しい芽が出やすいです。

※売切れ品について
ガジュマルと言えば、1年中買える植物です。ただ当店では「姿が面白いもの」「接ぎ木タイプ」「実生タイプ」とこだわりを持って絞ってますので、入荷時期がどうしても絞られてしまいます。お許し下さいませ。
新商品情報はメールマガジンにてご案内中です。宜しければ、ご購読をお願いします!

e-花屋さんは、全国から良質な植物を集めてます!
≫ 取扱いの観葉植物一覧

「売切れ品」は、再入荷メールをご活用ください!
≫ 入荷したら、連絡します!

「親木」用で使われていた、珍しいタイプ 【写真現品】幹が太いガジュマル・コンパクタversion1

価格 ¥ 2,680 税込
入荷未定(可能性はあり)
入荷待ち
普通のガジュマルより葉がスマート。ベビーリーフとも呼ばれる、ちょっと変わったガジュマル。今回の商品は増殖用に「親木」として扱われていた苗。年数がかなり経ってて、ワイルドな風貌です!

ガジュマル、人気タイプ! 頭ワサワサ、塊根も太めのガジュマルさん

価格 ¥ 2,280 税込
1年以内の入荷可能性あり
入荷待ち
太い幹が盛り上がって見えるのは、「根」の部分。畑で根を太らせ、鉢植えにする際に根を露出させて(根上がり)植えたもの。コーデックス(塊根植物)と言われるものは高価ですが、ガジュマルも同じです!

ガジュマル、人気タイプ! 頭ワサワサ、「接ぎ木」のガジュマル

価格 ¥ 1,780 税込
1年以内の入荷可能性あり
入荷待ち
「幸せを呼ぶ」ガジュマルの木。この商品は剪定でボリュームを出させた枝を接ぎ木。一般のタイプより育て方が簡単で、枯らすリスクも少ないと思います。1~2年は植え替えの必要も無し。初心者向け!

「カワイイモノ好き」女子はコレ! 【お届け4/25~】「パンダガジュマル」きゅんきゅんサイズ

価格 ¥ 1,430 税込
3月~5月販売予定の商品
入荷待ち
「パンダガジュマルの育て方」を詳しく知りたい!そんな方はコレ!大きめサイズに比べ、お求めやすいから「とりあえず育ててみる」には丁度いいと思います!風水にならって置き場所を自由に変えれることも、小さめサイズだからこそ。

可愛らしい陶器鉢で、長く付き合う つる性ガジュマル(フィカス・シャングリラ)

価格 ¥ 2,915 税込
1年以内の入荷可能性あり
入荷待ち
上に伸びるのではなく、ツル性で這うように枝が伸びるガジュマル(正式名はフィカスシャングリラ)。育て方のコツは光と水。普通のガジュマルより葉が多いので、水をよく吸う印象。お洒落な陶器鉢で楽しんで!
13件中 1-13件表示