注目ワードで検索

人気ランキング

今月のイチオシ

「主婦の味方」の観葉植物を作りたい・・・。そんなコンセプトのもと生まれた、お世話が簡単なグリーンstyle。キッチンに是非!

ホヤ・レツーサ

欲しい。でも高い・・・。憧れのホヤ「レツーサ」
あれっ!?お手軽プライスじゃん!

ホヤ・レツーサ

この価格。このサイズなら「良しッ!」と思っちゃう。

「ホヤ」という観葉植物をご存知でしょうか?カルノーサ、リネアリス、カーティーシー。ホヤには沢山の品種がありますが、「ホヤ」と聞くだけですぐに反応する人が多いほど 「ファン」が多い植物。

その中で今回紹介するのは「レツーサ」。ホヤの中ではレアな存在で、殆どが5,000円前後で出回る高級品種。「高い」イメージがあったレツーサが、今回はとっても買いやすい価格での提供です!

ホヤ・レツーサという植物は?

ホヤ・レツーサの花

レツーサは姿が特徴的。線のような細い葉をワシャワシャ茂らせる。そしてその線みたいな葉。よ~く見てみると、 葉の先はハートみたいな形に♪

パっと見、美しい葉ではないものの(笑)、ヘンテコな姿に愛着を感じ、将来的には美しい花も期待できる品種なんです。

ご用意したのは、少し小さめの4号サイズ。
それにしてもお買い得に感じますが・・・?

ホヤ・レツーサの葉

展示会で見つけた、こちらのホヤ。一流農家さんのブースで見かけたので「おっ!」と慌てて手にとりました。しかも安い!!

でも、ふと思ったんです・・・。
「あれ、レツーサってこんな葉色だっけ?緑がくすんでる・・・というか、肥料が効いてないというか・・・」

ホヤ・レツーサの葉

農家さんに「葉色がパッとしてないけど、肥料が効いてないんじゃないですか?」と聞きました。すると農家さんは「こんなもんだよ!」と。

疑り深い僕は、他の農家が生産しているレツーサと比較してみることにしました。
すると確かに仰る通り。他の農家のものはもっと葉が「黄色」。。

調べてみたところ、この葉色は「農家のハウスの日照状況」からくるものらしいです。
要は日差しが強いハウスで生産されたレツーサは、緑色が薄く黄色っぽい。(逆に暗めのハウスで生産すれば、もっと緑っぽい葉になります。→光合成の量をコントローする植物の特性)

最近は「珍奇植物ブーム」。レツーサもその一環として生産される農家さんが多いようです。
珍奇植物は光を求める植物が多いため、それら植物と同じ環境で生産されたレツーサは葉が黄色っぽくなるという訳。

悩みましたが、販売することにしました。

ホヤ・レツーサを吊るしたイメージ

僕が理想とするレツーサ。本来は、もう少し緑色。少し理想とは離れてる。
仕入れるかどうか迷いましたが、やはり取り扱うことにきめました。

このレツーサ。他の植物の生産の傍ら、日照が強めのハウスで生産されたという代物。早い話、「レツーサ」メインで環境を整備されていた訳ではありません。

でも、珍奇植物のブースで売られてたレツーサは高かった。
今回の商品と比べ半分くらいのボリュームなのに、仕入れ価格が同じだったから驚き。「レア」「流行」という価値を載せた価格設定。

対し、今回販売する商品。こちらの農家さんが作ったレツーサは価格が謙虚。「めずらしい」という価値が、価格にONされてない。変な話し、珍しいレツーサが「普通の値段」で売られていた訳です(笑)

ホヤ・レツーサ

今回の商品。「初めてみるには、丁度いいのでは?」と思いました。
レツーサへの思いが元々強かった人には、お勧めしません。価格は倍以上しますが、レツーサに特化したハウスで生産されたものをお求めになればと思います。

ただ、「インテリアGREENとして面白そう」とか「花が咲くまで育ててみたい」という人には、こちらのレツーサでも十分楽しめると思います。

「変わった植物」を育てるのって、なんだかワクワクしますよね!

ホヤ・レツーサ

説明が長くなってしまいました(笑)。
でも、正直にお伝えしたかったんです。「葉色」はイマイチ。ただその理由も。(レツーサという植物に関しては、多くがこんな感じです)

あっ・・・。最後にもう一言。
「光にあてて生産する」というのは、ホヤにとってはいいことなんですよ!
商売目線のテクニックとしては、葉色を出す為に遮光して生産した方が高値で売れます。でも「植物目線」だけで言えば、光をしっかりあてて生産した方が強靭な身体に育つんです。
決して、悪いものではないですよ!

憧れのレツーサ。この価格なら、育ててみたい! ホヤ・レツーサ

商品番号 gd1411
価格 ¥ 1,990 消費税込 ¥ 2,189
ただいま売切れ中です。
お届け内容
ホヤ・レツーサ×1
育て方ガイド
サイズ目安
(1) 全体高さ:40cm前後
※鉢下から吊具の先まで
(2) 鉢の直径:11.5cm
鉢の高さ:10.5cm

総重量は水の加減で異なりますが、500g前後くらい。とっても軽いので、飾りやすいですよ!
関連品・バリエーション
■■あると便利!S字フックコチラから
■■水を与える時にこれがあると便利
■■植物を部屋に吊るしませんか?コチラ
育て方(説明書付き)
室内の明るい場所に吊るして下さい。(観葉植物の中では陰に強い方です!)

お水は1~2週間前後に1回くらいのペースでOK。乾燥にも耐えるので、インテリアGREENとしてはとても楽です。冬は5℃くらいまで耐えますが、できれば8℃以上が推奨です。
注意事項
写真は見本です。ツルの長さなどが株により若干異なります。
葉は「緑」というよりは、「黄色がかった緑」。また葉にはホヤ独特の赤味が出ている部分もあります。傷もあります。(詳しくはページ本文でも説明しています)
こういった商品であること、予めご了承の上お買い求め下さいませ。
配送料
こちらは通常送料商品です。
詳しい送料はコチラ
備考
【同梱おすすめ】