3980円以上で送料無料

注目ワードで検索

ランキング人気ランキング

今月のイチオシ今月のイチオシ

アンスリュウム

妖艶な葉のコウモリラン・ヴィーチーを苔玉仕立てで。
場所とらない吊るす飾り方、ぜひ試してみてくださ~い♪

詳しくみる

メールマガジン

エメラルドウェーブ苔玉

  • ベンジャミン・バロック
  • ティランジア・アエラントス
  • 旅人の木の種
  • モスポット・素焼き鉢
  • プレミアム用土
  • WOODテーブル
  • 花はさみ
  • ジョーロ
  • 霧吹き
  • フラワーピック
  • ハンギングPOTカバー
  • 花台
アカシアブルーブッシュ、ブッシュ状の枝

ミモザより、ブルーブッシュを勧めます

玄関に何を植えようか。最近、特に人気が高いのが「ミモザ・アカシア」。けれど個人的には、初心者さんにはミモザより「ブルーブッシュ・アカシア」を勧めたい。 ミモザみたいな花も咲くし、丈夫で、育てて面白いと感じるからです!

アカシアの花
アカシアブルーブッシュの成長イメージ
アカシアブルーブッシュの剪定前と後

ブルーブッシュアカシアは「育ててて、面白い」と書きました。その理由を書きますね。

虫が付きにくく、水をやってればそれなりに育つ木・・・なんですが、せっかくなら剪定(=枝をはさみでカット)しながら育ててください!
年に3~4回剪定して、背丈を低くするのがコツ。伸ばすのはいつでもできますので、とにかく最初は「コンパクト」に。

剪定を繰り返すと、明らかに変化が。
幹がガチっっー!と太くなってきます。そして!枝の数は、切れば切るほど増えるんです。あっという間に、ボリューミーに!

「剪定したことがない」「植物を切るのが恐い」
そんな気持ち、わかります。本を読んでも、よく解らないですよね(笑)
だ・か・ら、アカシアなんです。アカシアはちょっとくらい、へんな切り方をしても平気。ニョキニョキ新しい枝がでてきます。
もちろん、育て方ガイドはお付けします。アカシアでちょっと、遊んでみてください!

剪定で枝が増え、ブッシュ状に

1年後の成長イメージ

因みに、園芸業界では"ブッシュ仕立て"という言葉があります。「枝がこんもりして、支柱がなくても幹が自立する」という意味です。
ブルーブッシュアカシアの名前の由来は「青い葉がこんもりします」ということなんです!

とにかく綺麗なブルーブッシュの葉。特に梅雨に剪定して、夏ごろに芽吹く葉の色がたまらんです。夏、他の植物が疲れた感じになってるなかでエメラルドグリーンに輝いて見えます!

アカシアブルーブッシュ秋の姿

↓1年後には、こんな感じ↓

アカシアブルーブッシュ1年後の成長イメージ"

寒さにとても強いので、庭に植えても大丈夫。植物の葉はどれも「みどり」のようで、実は少しずつ色味が違います。
たくさんの植物のなかにアカシアが混じると、シルバーブルーが差し色になって全体がより美しく見えます。主役にも、脇役にもなれるお勧めの植物です!

(秋~冬より、春~初夏の方が葉の青味はつよく感じると思います)

※同梱人気アイテム!3,980円以上で送料無料!

大好き!アカシアの人気品種 【予約品。お届けは5/26~】アカシア・ブルーブッシュ5号鉢

商品番号 gd3200
価格 ¥ 2,680 税込
[ 80 ポイント進呈 ]
お届け日
お届け日
  • 予約品。5/26~のお届け 在庫数 29
お届け内容
アカシア・ブルーブッシュ
Acacia covenyi

育て方ガイド
サイズ目安
(1) 全体高さ35~60cm前後
(2) 鉢の直径15cm
鉢の高さ16cm
プラスチックの鉢に、5号ポット苗がストンと収まってます。
このままでも半年~1年くらいは平気ですが、生長が早い植物ですので植え替えて楽しむことをお勧めします。
関連品・バリエーション
成長が旺盛な植物ですので、消耗品感覚で使える植木鉢(ルーツポーチ)が植え替えにお勧めです!
土は水はけの良い土をご利用ください。 ■■イメージ写真はルーツポーチのMに植えてます
■■当店ならアカシアにはこの土を
詳細・育て方(説明書付き)
アカシアと言えば「ミモザ」が圧倒的に有名。ただこちらのブルーブッシュも人気種です。春にはミモザに似た花が咲きますし、ドライフラワーや切り花にすることもできます。

生長スピードが早く、剪定をマメにしながら育てるのが基本です(←初心者さんも安心してください。他のアカシアに比べて新芽の吹きが良いため、 樹形を整えることが比較的簡単。育て方のガイドも同封します)。

本来は5mくらいになる大きな木。ただ小さい頃から「伸びてはカット」を繰り返すことで、高さは調整できます。また、剪定をを繰り返すことで幹が太くなり、コンパクトで立派な木に育っていきます。だからこそ、このサイズから育てるのが面白い。

シルバーリーフの木は探せばあるのですが、青みの美しい木は本種以外ではトウヒ(コニファー)しかない印象です。 我が家でも玄関前に他の植木と一緒に並べてますが、差し色となって他の植物を引き立てます。1本、こんな色の木があるといいですよ!

置き場所は1年中屋外で(冬、室内にいれずとも越冬できます)。日向でも半日陰でも大丈夫です。寒さは氷点下5℃くらいまで耐えると言われてます。雪がふる北陸でも、軒下で簡単に越冬できました。
(鉢植え、庭植え、どちらでも楽しめる常緑樹です)
注意事項
写真は見本です。樹形、背丈などが多少異なります(生長が早い植物です。写真より伸びた状態でお届けする場合があります)。

葉には傷が多少あります。屋外植物では必ずあることです。予めご了承ください。
配送料
こちらは「通常送料」商品です。
送料はコチラ
備考
【同梱おすすめ】