注目ワードで検索

ランキング人気ランキング

今月のイチオシ今月のイチオシ

ソフォラミクロフィラ

人気です!クネクネ枝姿が癖になるソフォラ・ミクロフィラ。
生産農家さんが減ってきています。興味のある方は、お早めに。

詳しくみる

メールマガジン

コウモリラン苔玉

  • ベンジャミン・バロック
  • クランベリー
  • 旅人の木の種
  • モスポット・素焼き鉢
  • プレミアム用土
  • WOODテーブル
  • 花はさみ
  • ジョーロ
  • 霧吹き
  • フラワーピック
  • ハンギングPOTカバー
  • 花台

観葉植物の虫除け

女性がウンベラータの防虫対策

観葉植物に虫がわいたら、どうしたらいい?

結論、殺虫剤を散布するのが手っ取り早くて、簡単です。
ハッカ油、お酢、アルコールなどを利用した「手作りスプレー」みたいのがネット記事で出てきますが、これらは主にガーデニング向け。室内に虫が出てるなら、確実に、素早く駆除したいですよね。おすすめの虫除けスプレー、紹介します!

①コバエがでたらどうしたらいい?

コバエ駆除におすすめ殺虫剤

「コバエ駆除」と言っても、発生する場所に応じておすすめの薬品が違ってきます。

  • <ケース1>部屋のあちこちでコバエを見かけるコチラ>>
  • <ケース2>観葉植物の土からコバエが大量にわいてるコチラ>>
  • <ケース3>観葉植物付近に、少量のコバエがいるコチラ>>

<補足解説>
ケース3の薬品は、コバエに命中しないと効果がありません。なので「コバエを全滅させたい」なら、ケース1、ケース2の薬品の方が効果は期待できます。

②コバエ以外で、観葉植物につきやすい虫

観葉植物につきやすい虫3選

屋外の植物にはさまざまな虫が付きますが、室内の植物につく虫は絞られます。経験上、8割以上が カイガラムシ・ハダニ・アブラムシのいずれか。なので殺虫剤選びのコツはシンプルで、この3種の虫も対応してるものをお選びください。

定形外郵便での配送もOK! 飛び回るコバエに!BotaNiceスプレー

価格 ¥ 900 税込
部屋の中に飛び回るコバエを、簡単退治!スプレー式コバエ駆除殺虫剤。どこからともなく現れるコバエ。仮に観葉植物から出るキノコバエならキンチョールなら難しいかも。観葉植物の土から湧いた小蠅はこちらで退治!

迷ったらコレ!1本持っておきたい常備薬 "よくある虫"と"病気"。殺虫殺菌剤(ベニカXファインスプレー420ml)

価格 ¥ 830 消費税込 ¥ 913
花や幅広い植物に使える殺虫剤。観葉植物の受皿や鉢の周りに発生する黒い小さい虫はトビムシ。害虫ではないため試験を通してる殺虫剤はありませんが、直接噴霧で効果は期待できます。お困りならためしてみては!
7件中 1-7件表示

Q&A
虫の予防・対策についてよくある質問

【最初から虫が潜んでいたケース】
生産現場で虫が付いてしまう可能性はあります。 対策として、農家さんは消毒をしてます。

【家庭で虫が付いてしまうケース】
小さい虫はどこにでもいます。窓を閉めてても、どこからか侵入してきます。 そしてそれが植物に付くケースはあります。

≫ 虫がわきにくい土
≫ 観葉植物にコバエがでたら

虫が付きやすい植物

  • ヤシ類(アレカヤシや、セフリッジなど)
  • ドラセナ類(コルジリネ類)

≫ 「虫が付きにくい植物」をセレクトしてます!

【補足】
「虫が嫌」というお気持ち、よくわかります。
ただ公園で遊んだり、散歩したりすると、小さい小さい虫が宙を飛んでて、身体にぶつかる経験などないでしょうか?
屋外植物に付く虫は、気持ちが悪い虫も多いです。アオムシや毛虫、ムカデやヤスデ、カナブンなど。対し室内植物に付く虫は、小さな小さな虫が殆どです。過度な誤解があるのでは?と経験から思います。リラックスして植物を育ててください(とはいえ、園芸用の殺虫剤は1本持っておくと便利です)

観葉植物は室内で育てていても、虫がわくことがあります。 虫は小さな窓の隙間や網戸からでも侵入してくることがあります。人に付着して部屋に入ってくることもあります。

≫ 観葉植物の虫除け、おすすめはコチラ

「めんつゆ」や「お酢」に食器用洗剤を混ぜて・・みたいに、検索すれば色々な方法がでてきます。ただ一言にコバエと言っても、種類が違います。種類が違えば駆除方法も異なります。
(キッチンの水回り、生ごみに見かけるのはショウジョウバエ。観葉植物のまわりに多く発生するのはキノコバエ)

殺虫剤や駆除剤(トラップ)を使うのが、1番効果的だと思います!

小さな虫は最初から家の中にいるのではなく、外から侵入してくる場合がほとんどです。網戸や窓の隙間、床下、人に付着して入ってくるケースもあります。ビルの中でも虫は発生します。
これらの虫を気にすると、外も歩けなくなってしまいます。
虫対策は「予防」も大切ですが、「出たら駆除する」ということで考えた方が、植物ライフが楽になります。