注目ワードで検索

人気ランキング

今月のイチオシ

「主婦の味方」の観葉植物を作りたい・・・。そんなコンセプトのもと生まれた、お世話が簡単なグリーンstyle。キッチンに是非!

パウダーストーン

ザラっ。ツルっ。落ち着いた石の風合い。
ファン多し!パウダーストーンの、植木鉢。

独特なマットな質感。少しくすんだ鉢肌が、植物の「みどり」をパっ!と引き立てる。
陶器でもない、プラスチックでもない。「パウダーストーン」の植木鉢

パウダーストーン

この風合い、従来の鉢とは全く違う製法から生まれる

パウダーストーン

この植木鉢の素材は、「パウダーストーン」。石をベースにプラスチックなども混ぜた素材は、まるで石を固めような独特な風合い。

特徴的なのは、「作り方」。普通の陶器鉢は、窯で焼かれます。火を焚き、窯の中を1000℃以上の高温にして焼き締めます。そうすることで強度が増し、鉢の表面に塗った釉薬がとけコーティングが施されるのです。

対しこの鉢は、「成型」。焼き固めるのでなく、「型」に素材を流し込み成形します。だから波打ったような輪郭、素材の質感たっぷりの表情が生まれます

パウダーストーン

鉢の表面はザラザラっとし、気泡もところどころに。いくつかの素材を混ぜて作っているので、鉢の表面には素材の粒子も浮き出たりします。
鉢の色味は「真っ白」というより、ベージュがかったアイボリーに近い感じ。控えめで、落ち着いた雰囲気が植物を引き立てるのだと思います。

パウダーストーン
パウダーストーン

「四角」はエッジが効き、シャープな感じ。
「丸」は優しく上品なイメージ。

ラインナップは、四角と丸の2種。でもこの鉢のおもしろいところは、四角と丸で表情が全然違うところ。

四角は、エッジがキリっキリっと立っているのでシャープな感じ。石の質感がより際立ち、硬質なイメージをかもちだします。

パウダーストーン

対し、丸い鉢は上品なイメージ。植物を包み込むようなイメージで、四角タイプのような主張はありません。

この植木鉢は、焼き固めてない分、強度がやや劣ります。釉薬を塗って表面保護してないので、鉢の表面には傷があったり、小さなカケがあったり。見方によっては少しラフな作りに見えるかもしれません。
だからこそ目立ちすぎない、ちょっと控えめな感じ。石の素材感が浮き出た優しい風合いが、僕はいいのだと思います。

パウダーストーン
パウダーストーン
10件中 1-10件表示