今月のイチオシ今月のイチオシ

ソフォラ・ミクロフィラ

好きだからこだわってます!
契約農家から仕入れ、自社で一つ一つ丁寧に植え替えしたオリジナル商品です♪

詳しくみる

メールマガジン

エメラルドウェーブ苔玉

  • ソフォラ・ミクロフィラ
  • ティランジア・アエラントス
  • 旅人の木の種
  • モスポット・素焼き鉢
  • プレミアム用土
  • WOODテーブル
  • 花はさみ
  • ジョーロ
  • 霧吹き
  • フラワーピック
  • ハンギングPOTカバー
  • 花台

DRAW A LINE(突っ張り棒)

突っ張り棒(ドローアライン)の紹介

植物を、
飾る場所がない。
枯らしたくない。
おしゃれに飾る自信がない。

よく聞く、みんなの悩み事。だったらこちらのシリーズをお試しあれ。「DRAW A LINE(ドローアライン)」と呼ばれる、おしゃれな突っ張り棒。

突っ張り棒に植物を設置し、飾った写真
突っ張り棒を使うと、植物が枯れにくくなる理由

突っ張り棒を使うと、どうして枯れにくくなるの?

「狭いスペースでも飾れる」とか「おしゃれ」というのは理解できる。
でも突っ張り棒を使うとどうして「枯れにくくなるの?」

僕の研究結果では植物を枯らす時って、

「気付けば」調子が悪くなってた・・・

というケースが多い気がしてます。
植物を買ったものの、適当な場所が見当たらない。とりあえずどこかに置いて(少しずつ存在を忘れていく)、みたいな。

なので「目立つ場所に置く」ってすごく重要なんです。水切れサインにも気付きやすくなるから。
そして高い場所に飾ると通風が良くなり、太陽の光も届きやすくなります。よって「枯れにくくなる」要素は十分あると思ってます。

まー、飾ってみてください。この突っ張り棒、すごくお洒落でテンション上がるから!

  • 突っ張り棒で空間を有効活用
  • 植物も吊るせる
  • キャスター付きで移動自由
  • 突っ張り棒で空間を有効活用
  • 突っ張り棒で空間を有効活用
  • 植物も吊るせる
  • キャスター付きで移動自由
  • 突っ張り棒で空間を有効活用
突っ張り棒を使えば吊り下げ植物も簡単

「穴を開けるのは簡単」
そうは言うものの、私には敷居が高くて・・・

e-花屋さんの1番人気は「吊り下げ植物」。紹介する際には「天井に穴を開けるのは簡単ですよ!」とお伝えしてますが、 それでもやっぱり・・・と躊躇される人も多いようです。

DRAW A LINEシリーズを使えば問題解決。穴を開けずとも、植物が吊るせます!(植物は吊るすとメチャクチャかっこいいです!試してみてくださぃ!)

突っ張り棒で吊り下げ植物を飾った写真
マクラメの植物を吊るした写真
DRAW A LINEと大きな植物との比較。どっちが優れているか?

僕なら「大きい植物より、DRAW A LINE」

突っ張り棒なのに、こんなに値段がするの?

そう思った人、多いでしょ(笑)。最初は僕も、同じ印象でした。

それは、量販店の「突っ張り棒」と比べてるから。用途もクオリティーも全然違います。
「おしゃれな棚」とか「おしゃれな花台」と比べてみてください。高い気はしないはず。家具屋に行っても、1~2万では小洒落た家具は買えませんよね。

では「大きな植物」と比べたらどう?
大きな植物なら鉢まで替えると、3万円前後はします。「縦」だけでなく「横」もでかいのでスペースも占領。枯れたら処分もたいへん・・・。
その点、こちらは小さな植物を立体的に魅せるので、万が一枯れても代替えは用意しやすいですよね。突っ張り棒は5年、10年と長く使えるし。

大きな植物も売ってますので大きな声では言えませんが・・・
僕が新築祝いで選ぶとしたら、大きな植物よりDRAW A LINE!だってこっちの方が、自分だったら嬉しいもん(笑)!

観葉植物一覧へ