注目ワードで検索

人気ランキング

今月のイチオシ

「主婦の味方」の観葉植物を作りたい・・・。そんなコンセプトのもと生まれた、お世話が簡単なグリーンstyle。キッチンに是非!

小さなガジュマル

ちっ、ちっ、ちっ、小っちゃ!!

色々なぐい呑みに植えたガジュマル

極小のガジュマルを、「ぐい呑み」に植えて。
美濃焼の器とガジュマル、そして「苔」を味わう

当社はこれまで15年以上、「専門店」として観葉植物をたくさん取り扱ってきました。
その中で今回のガジュマルは「最少」だと思います。

直径5㎝ほどの、ぐい呑みに植えた「遊びグリーン」のご紹介。
チョコン♪と、テーブルや洗面台にどうですか?

極小ガジュマルだから、飾りやすい

ぐい呑みは美濃焼。そこに小さなガジュマルを植え、表面には苔をはりました。
さらにバーナーで焼き色を付けた木製コースターもSETでお付けします!

コースターも付きます。
ガジュマル

美濃焼の器に植えた、盆栽みたいなガジュマル
でも誤解しないで!!「遊びグリーン」です。

この商品、小さくて、可愛いくて、値段も手頃。だから店頭に並べてあったら、めちゃくちゃ売れると思います。

でもあえて・・・、これから「売れなくなる」説明をしますね!
この説明を書くと、半分くらいの人はご購入をやめてしまうかもしれません。でも誤解を与えることなく、しっかりこの商品の特性を知って頂いた上でご購入いただきたいので。。

遊びグリーン:POINT1
「小さいのをどうしても、作りたくて」

こだわりポイント①

「売れなくなる」説明の前に、「遊びグリーン」のいいところも少し書かせて下さい。

この商品を作ったのは、澤崎さんという生産農家。澤崎さんは日本酒が大好きで、色々な「ぐい呑み」を集めるのが趣味。
いつもぐい呑みを眺めながら、「これに植物が植えてあったら可愛いだろうな~」と考えていたそうです。

ガジュマルの根

ただ話は簡単に行きません。殆どのガジュマルは、芋(正確には木質化した根)が、タコの足のように広がってます。
これだと直径5㎝しかないぐい呑みには到底入りません・・・。

一般的にガジュマルの99%以上は輸入の苗。ピートモスという土で植えられた苗が、コンテナ船で運ばれてきます。

そこで澤崎さんは思い切った方法を考えました。「海上輸送」でなく「空輸」に切替えたのです。
空輸は船便に比べ、めちゃくちゃ早く届きます。これなら、ピートモスに植えてない「裸の苗」で届けてもらう事が可能。 その状態で不要な根(ぐい呑みに植えるのに邪魔るになる根)をカットしてしまい、すぐにぐい呑みに植えてしまおうと。。
そうすれば商品として提供する頃には切口が「カサブタ」になってるので問題ないとのことでした。

「いやいや澤崎さん。その論理は解るけど、空輸って・・・。高いでしょ!」
と澤崎さんに尋ねると、「だって、どうしても小さいのを作りたかったんだもん(笑)」と。もうすぐ60歳の澤崎さんが、少年のような笑顔で答えてくれました。

遊びグリーン:POINT2
「あのな・・。これ、こだわりの苔やねん。」

こだわりの苔

エンジンがかかった澤崎さん。次は「苔」についても、語りだしました。

「あのな・・。今は苔ブームで、苔の取り合い。"コネ"がないと、いい苔は用意できへんねん。 でこれな、静岡の・・・あっ、これ以上は勘弁してな。」

澤崎さんの一方的な話は止まりません(笑)。なんでも、昔からその苔農家と取引があるから、今でも分けてもらえるとのことでした。

あっ、でも誤解がないように「売れなくなる補足」を1つ追加しますね。
「いい苔」と言っても、色々なレベルがあります。今は苔ブームなので、お金を出せば「綺麗ないい苔」が揃う時代です。

澤崎さんが仰る「いい苔」とは、「価格に見合うレベルでのいい苔」ということ。今回の苔は、ガジュマルの足元の脇役的存在。器は美濃焼。木製のコースターも付いて1,080円(税別)。 価格の割にいい苔とは思いますが、過度な期待はされないでくださいね。自然のものなので、黒っぽかったり、剥げているところもあります。

遊びグリーン:POINT3
これが、「売れなくなる説明」

苔の水の与え方

お待たせしました!今から「売れなくなる説明」をします。恐らく、この説明で半分くらいの方が購入をやめてしまうのではと予測します(苦笑)。

(澤崎さん・・・、逆です)
僕は心のなかで、そう思いました。確かに魅力ある商品。でも苔はどちらかというと、半日陰を好みます。そして湿度も好む。
だからリビングに置いていても、週に2回くらいは洗面器に水をはり、ブクブクブクッーとぐい呑みを沈め、苔に水分を補給する必要があります。

対し、ガジュマルは「日当たり」を好みます。苔とは性質が逆。
だから「苔に合わせた置き場所、水管理では、芽が徒長してしまいます。」

だからこそ、「遊びグリーン」

アイビーにも似てる、ホヤ・カルノーサ・グリーン

でも冷静に。考えなおしました。
だって普通にガジュマルを育てていても「芽は徒長」しますもん。どのガジュマルでも同じ。売れなくなるので、ここまで説明は書いてないですが、必ず写真のように徒長します。
ぐい呑み仕立ては、このスピードが速いだけのことです。

でも、伸びたら切ればいいんです。

ガジュマルの幹(芋)はこれ以上伸びません。芽だけが寝癖みたいに、ピューと伸びます。なので伸びたら、ハサミで切ればいいんです。
(気温が高い時期なら)切った場所から2週間ほどで、また新しい芽が出てくるので。

ガジュマル

最後にもう一発、ブッチャケますね(笑)
植物には「届いた時が一番美しい」植物と、「届いた後、育てることにより、もっと美しくなる」植物があって、ぐい呑みガジュマルは前者。

でも寝癖をカットしながら育てるガジュマルは、それはそれで愛着がましていきます。 皆さんのお宅にも「買った時と比べると崩れちゃったけど、愛らしい植物」はいると思います。
同じこと。プラスこの子には「苔」もある♪そして、凄く小さいから「気軽」。「身近に置ける(楽しめる)」という、大きなメリットもあります。

美濃焼の器で、コースターも付いて、苔も楽しめて1,080円(税別)か。
これなら遊びで、やってみるか!切り花感覚みたいなものだ!

こんな気持ちで「遊びグリーン」と書きました。
グリーンに触れる、癒される。

ガジュマルの見本
ガジュマル

おとぼけ顔の、癒し系。

「育てる」というより、「遊びグリーン」。 美濃焼の「ぐい呑み」で、ガジュマルと苔を楽しむ。

商品番号 gd1219
価格 ¥ 1,080 消費税込 ¥ 1,166
申し訳ございません。ただいま在庫がございません。
お届け内容
ぐい呑みに植えたガジュマル(コースター付き)×1 育て方ガイド
サイズ目安
(1) 全体の高さ:15cm前後
(2) 鉢の直径:5cm前後
鉢の高さ:5cm前後
ぐい呑みは1点1点、デザインや形が異なります。(お任せとなります。)
木製コースターが付きます。コース―ターは7cm角です。
関連品・バリエーション
■■ガジュマルの一覧はコチラから
育て方について
強光は避けた室内の明るい場所で管理します。
苔は湿度を好みます。なので週に2~3回、洗面器に水をはり鉢を沈め、苔に水分を吸収させてあげます。冬は10℃以上の場所が理想です。
注意事項
写真は見本です。個々に草姿が多少異なります。またお届けする時期によっては、多少芽が伸びていることもあります。予めご了承くださいませ。

またぐい呑みは1点1点、色はデザイン、形が異なります(お任せとなります)。手作りのため、同じものが存在しません。
配送料
こちらは「通常送料」商品です。
送料はコチラ
備考
【同梱おすすめ】